オーストラリア旅行のレンタルWifi【安い!】を比較してみましたよ!

今やオーストラリア旅行の必需品となった海外用レンタルwifi!

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今や海外旅行の必需品となったレンタルWifi

……今回は、オーストラリア旅行におけるレンタルWifiの【安い!】を比較してみました。

どうぞ、参考になさってください。

オーストラリアのWifi事情

広大な土地に広がる自然、カンガルーやコアラなどの独特な動物など、オーストラリアは美しい環境に注目がいくことが多いですが、世界各国のグルメが楽しめたり、おしゃれなカフェやバーがたくさんあったりと都会での時間も素敵です。

そのように、オーストラリアは自然と都市がほどよくミックスした国で、Wifi事情もなかなかいいので、旅行者にとっては動きやすい国でしょう。

自分の国で生活している時でも、海外を旅行している時でもスマホは手放せないものになっていますが、旅行中は特にインターネットの便利さに感動しますよね。

特に、ちょっと道を確認したいとか、どこかに入って休憩したいという外出時にWifiが必要になるものです。

オーストラリアに到着してすぐは心配ありません。

主要都市の空港はどこも無料でワイファイ接続が可能です。

たいていの宿泊施設でもWifiが使えます。

主要都市以外の町を含め、ホテルや小さめのモーテルなどでも割と接続可能です。

ただ、有料の場合もありますし、無料でも一部屋につき1機しか接続できない限定付きサービスだったりしますので注意が必要です。

オーストラリアへ旅行に行くなら絶対「海外レンタルWifi」がお勧め!

オーストラリアは、空港と宿泊先という主要な場所でインターネットを使うことは問題ないですし、大きな町のショッピングセンターには無料のWifiスポットがあったりもします。

また、マクドナルドを筆頭に大型チェーンのファーストフード店でもWifiが使えます。

都市部のカフェでもレジやテーブルに接続用のパスワードが提示されていたりします。

でも、本当にネット接続が必要なのは外にいる時ですよね。

道に迷ってしまった時とか、観光時にはぐれてしまった家族や友達に今すぐにでも連絡が取りたいという時に、わざわざマクドナルドに行ったりコーヒーを買いにカフェを探したりはしたくないはずです。

そこで便利なのが、レンタルワイファイです。

レンタルなら無料Wifiサービスと違って、移動して違う場所で接続するたびにパスワードを入れたり、本人確認でメールアドレスを登録したりしないで済みますし、なにより必要な時にすぐに使えます。

オーストラリアで使えるレンタルWifiを持っていれば、オーストラリアに到着してすぐから帰りの飛行機に乗るまで何があっても連絡が取れる状態にあって安心です。

料金も携帯会社の海外パケットより断然安いですし。

レンタルWifiを比較するのはこの3社!

そんな便利なオーストラリア用レンタルWifiを探したいとき、お勧めできる会社は3社あります。

その3つは

・イモトのWiFi

・ワイホー(Wi-Ho!)

・グローバルWiFi

になります。


■[イモトのWiFi]の概要


まずは[イモトのWiFi]からです。

日本の主な国際空港にカウンターがあって、出発当日でもレンタルが可能です。

ただ、予約なしで出発当日にカウンターでレンタルすると希望の商品の在庫がない場合もあるので気をつけないといけません。

予約はオンラインで簡単にできます。

プランや受け渡し方法によって料金がかわりますが、金額も事前にシュミレーションできて安心です。

出発日に空港で受け取りたい人は前日の夕方までに予約します。

出発日前日に郵送してもらい自宅で受け取りたい人は2~3日前まで(場所によって異なります)に予約が必要です。

受け取ったあとはオーストラリアに着いてからルーターをONにしてパスワードを入力するだけです。

困った時は24時間オープンのテクニカルサポートがあります。

返却も東京本社で受け渡しをすると手数料の500円がかかりますが空港のカウンターなら手数料がかかりませんのでお得です。

利用可能国が多くて、旅行先として思いつく国は全て網羅しているのではないでしょうか。

もちろんオーストラリアも含まれています。

レンタル料金は一カ国かヨーロッパ周遊かなどのエリアや3Gや4Gなどスピードによって変わります。


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の概要


[ワイホー(Wi-Ho!)]もレンタルWifiを提供するメジャーな会社の一つです。

受け渡し方法や使い方は上記のイモトとほぼ同じです。

24時間対応のコールセンターもあります。

ただ、空港カウンターが成田、羽田、関西空港とイモトより少ないです。

ですが、ポイントは、受け取りを宅配にしても送料が無料だということです。

これはうれしいポイントではないでしょうか。

空港に早め行って受け取り手続きをしなくてもいいのです。

今までの利用者が累計250万人を超えているというのも頷ける話です。

利用可能地域はイモトに比べてアフリカや中南米に弱いですが、オーストラリアを含めて日本人が旅行する主要な国は全ておさえています。

料金プランもわかりやすく、予約の前にサイトで簡単にシュミレーションをして他者と比較することができます。

ワイホーも、一カ国なのか周遊プランなのかや接続スピードによって料金設定がかわってきます。

盗難や事故に対応した「あんしん保証」、モバイルバッテリーやカーチャージャーなどオプションが豊富だというのも特徴です。


■[グローバルWiFi]の概要


[グローバルWiFi]は3社の中では一番空港カウンター数が多いです。

日本国内14の空港にカウンターがあります。

イモトと同じく空港カウンターと宅配のどちらにも手数料の500円がチャージされます。

特部なのが現地での受け渡しです。

ハワイ、韓国、台湾の3か所は現地で受け取りと返却が可能です。

手数料は同じく500円です。

利用可能エリアも広く、長期レンタル割引プランや大容量プランなどお得な料金設定もされています。

年間利用者が累計100万人以上で2016年にもトリップアドバイザーのモバイルWiFiルーター部門で一位を獲得しているということからクオリティの高さがうかがえます。

24時間のサポートももちろん完備しています。

予約方法や受け渡し、使い方などは上記2社とだいたい同じです。

公式サイトがシンプルで見やすく、なおかつ情報が細かく載っている印象です。

海外レンタルWifiを初めて利用するから、仕組みや使い方などをきちんと知っておきたいという人はこのグローバルのサイトを最初にチェックするいいかもしれません。

3社のレンタルWiFi料金の【安い!】を比較


■[イモトのWiFi]の料金

[イモトのWiFi]の料金ですがルーターかUSBかで違い、USBの方が200円ほど安いです。

ただしUSBはパソコンでしか使えませんから、今回はモバイルルーターのみの料金を見ていきたいと思います。

利用を一カ国のみに絞ると利用可能エリアがA、B、C、Dの4つに分かれています。

対象国Aが一番安い1日680円ですが、オーストラリアは対象国Bに入っていて1日980円です。

これは3Gの値段ですが、4G/LTEの高速データ通信にすると1日1,580円になります。

また、長期で滞在する人は30日パックプランがあります。

ですが、残念ながらオーストラリアはこのパックプランの対象国には入っていません。

スペシャルなのは「大容量スタンダード」が始まったことです。

追加料金足で1日500MBのデータ通信が可能です。

携帯会社の海外パケットは1日平均2,000~3,000円になります。

イモトなら4Gの高速データ通信でもオーストラリアは1日1,580円ですから、Wifiレンタルのほうがお得なのは間違いないでしょう。

1日500円ほどの違いも旅行日数を考えたら大きな差がでてきます。

公式サイト

【イモトのWiFi】


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の料金

[ワイホー(Wi-Ho!)]は国によっては1日390円と安いです。

ですが、オーストラリアは最安値のエリアには含まれていません。

通常の3Gプラン(容量350MB)だと1日850円です。

4Gでも同じ850円ですが、容量が250MBになります。

500MBの大容量プランもあります。

こちらは4Gのみで、1日1,150円です。

ワイホーでは大容量プランを使って、一緒に旅行する人が一つのルーターをシェアするアイディアが紹介されています。

1人だと1日に500MBも使わないかもしれませんが、シェアすれば一人あたりの料金も下がってお得ですよね。

4Gのルーターは最大10台まで接続が可能です。

上記でワイホーはオプションが豊富だと書きました。

トラブル時の保証制度「あんしん保証」は1日216円で、モバイルバッテリーのレンタルも同じく216円です。

そして、カーチャージャーのレンタルは1日108円です。

広大なオーストラリアを旅行するのに、レンタカーで周る人もいらっしゃると思いますが、カーチャージャーのレンタルなど細かな気配りはうれしいでしょう。

公式サイト

【ワイホー(Wi-Ho!)】


■[グローバルWiFi]の料金

[グローバルWiFi]は通常(250MB)、大容量(500MB)、超大容量(1GB)の3種類です。

オーストラリアは3Gの通常プランだと1日970円、大容量プランだと1日1,270円です。

3Gの超大容量プランはありません。

4Gは通常プランが1日1,270円、大容量プランが1日1,470円、超大容量プランが1日1,670円です。

グローバルもワイホーと同じくトラブル時の保証プランがオプションでつけられて、1日200~500円です。(保証内容により料金が異なります。)

モバイルバッテリーなどのレンタルもありますが、おもしろいのが1日500円で360度カメラがレンタルできることです。

広大なオーストラリアの自然を360度のパノラマ写真に残せたら素敵ですよね。

また、グローバルの長期割引プランにはmオーストラリアが対象国として入っています。

レンタル日数分を払っていきますが、30日間の上限が18,000円の定額です。

30日を越えると1日あたり1,200円が加算されますが、30日以降60日目までの上限が更に18,000円と定額になります。

つまり60日間レンタルすると36,000円ということです。

公式サイト

【GLOBAL WiFi】

まとめ

さて、これまでの3社の比較は、いかがでしたでしょうか?

海外レンタルWifiのメジャーな3社を比較しましたが、レンタル方法や使い方はどこも同じです。

3社とも24時間のサポート体制がありますから、トラブル時も安心です。

選択決定の決め手になるのが容量と受け渡しの便利さでしょう。

ちょっとした連絡と地図検索くらいにしか使わない予定だという人にとってはワイホーの通常プランがお得かもしれません。

また、格安航空で旅する人は主要な空港を使わないかもしれません。

その場合も送料無料のワイホーがうれしいかもしれませんし、グローバルならカウンターがある空港が多いので発着の空港にカウンターがあるかもしれません。

どの会社もオンラインで即見積もりが出せますから、いくつかサイトをのぞいてみると必要に応じたパッケージが見つかるはずです。

総料金は渡航先やオプションによって変わってきますし、時期によってはキャンペーンを行ってたりもします。

どうぞ各社サイトでWifiの料金シュミレーションを行って比較し、自分にぴったりのプランを見つけて下さい。

イモトのWiFi


ワイホー(Wi-Ho!)


グローバルWiFi


■LINK■